• MENU ●●●●
  • SEO思考を踏まえた基本的なタイトルタグとメタキーワードの考え方


    シリウスカスタマイズ 記事一覧を記事中段へ移動して情報を解り易く明示しましょう グーグル検索で好評かを得られるかも?

    当該サイトコンテンツ関連記事

     スポンサーリンク

    タイトルタグとメタキーワードの考え方

    情報を探す検索画面では読者が全体像を理解するよう、求められたキーワード
    に反応して、読み込まれる結果一覧が表示されますね。

     

    打ち込んだキーワードが、単体、複合いずれかに反応するは、検索エンジンの
    お仕事ですが、サイトを作る側から仕組みを理解すればSEOに有効な手段
    として用いることができるメタディスクリプション設定です。

     

    例画像...
    シリウスカスタマイズで検索するとキーワードが当てはまるタイトル及び以下
    の説明文に太字で認識、理解しやすいよう表示されます。

     

    例は、シリウスカスタマイズ...ですが、複合としてその他を含めれば相応に
    反応するのですね。

     

     

    さて、シリウス機能でメタディスクリプションを実行する場所は、サイト全体
    設定です..
    トップページを含めたサイト全体像をイメージできるよう...
    カテゴリー、エントリーではページを追加するごとにページ設定で、これから
    作るのコンテンツ案内をしてゆくのですが、どのような内容で進めればよいのか?
    (順序としてはここが先ですが、記事作成後でもよい)

     

     

    すみません

     

    サイトのタイトルが先ですね
    ここを入力しないと先へ進めないシリウス機能の事情がございます..

     

    サイトのタイトルとはサイト全体像のイメージ..とも言えますが、限ること
    ではありません..
    メタディスクリプションにジャンルキーワードを配置すれば相応に反応する
    のでホームページなど...企業名だけでもよいのです..

     

    ジャンルでキーワードを関連付けるのは、下層に置くページからですね

     

     

     

    ページタイトルの流れを組み入れた説明文で読者理解を深める...

     

    シリウス機能全体設定では、サイト説明とメタ説明の2か所を書き込むように
    構成されていますが、他サイト(シリウス以外)を観察しても二つは必要ない...

     

    ですが、、何かしらの役には立つかなと思われますのでどちらも同じ内容で
    書き込んでおきましょう。

     

    シリウス機能以外での表現では、タグ、サイト説明をメタディスクリプションと
    しているとご理解ください。

     

     

    タイトルタグやメタディスクリプションは、上例のように求めたキーワードが
    検索結果一覧に表示されるもので、

     

    ....クリックする前に読者内容を確認するものとして考えましょう...
    ですので、タイトルとメタディスクリプションは、内容に連携性を持たせます。

     

    さて、読者ではない検索エンジンもタイトルに記載されている内容は
    そのページの主だったテーマと事前に判断しているのですね。

     

    それらを踏まえてSEOを考慮したタイトルタグ メタディスクリプションの
    設定についてのポイントを簡単にまとめてみます。

     

     

    タイトルと同じキーワードを必ず含める...

     

    検索エンジンにとってもタイトル及び説明文に記載されているキーワードは
    ページの主たる内容であると理解するのは、タイトルとメタディスクリプションに
    同一のキーワードが存在すること...

     

    読者は、自分が検索したキーワードが見当たらいとすれば、そこに探し求める
    情報がないと判断してしまうでしょう...
    必ずキーワードをひとつ入れ込みしておきましょう。

     

     

     

    メタディスクリプションの文字数ですが、20~30文字の簡素な例もまれに
    お見掛けすると理解しますが、
    ...詳細不明では..はて?と感じられてしまうでしょね

     

    クリックしてくれるかもしれない...いや、お邪魔してと願うなら読者の思考に
    配慮したタイトルとメタディスクリプションを構成しましょう。

     

     

    メタディスクリプションは、表示される範囲内で、50文字以上 120文字以内
    が良いといわれておりますが、あくまで目安で状況によって多少前後しても
    よいでしょう。

     

     

    コンテンツとしては、120文字以内の上段で主たる目的が、他サイト以上の
    優位性を表わせるすよう考えるべきですね

     


     

    ここまでは、基本みたいな事柄でしたけど今時の検索エンジンは、キーワード
    反応にメタディスクリプションを利用していない..

     

    ページ上段に配置するコンテンツがメタディスクリプション以上に適合と判断
    すれば...そちらを優先表示する..

     

    もしくは、記事内途中コンテンツから読み込む例も多くございます。

     

     

    メタディスクリプションは必要でしょうけれど、検索エンジンの進歩に合わせれば
    やはり...記事コンテンツも大事という事なんでしょうね。

     

     


     

     

    スポンサーリンク

     

     

    SEO思考を踏まえた基本的なタイトルタグとメタキーワードの考え方
    シリウスカスタマイズ

       広告

    .













    お勧め目 抜粋






















































    shop

    特典付き広告..ポチする
    【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」


    シリウスカスタマイズで気を付けること


    サイトにnorton|ノートンの安全評価を付ける


    カスタムに使える情報

    Webデザインで使えるWeb配色ツールまとめサイト