• MENU●●●●
  • シリウス機能、操作での注意ごと


    シリウスカスタマイズ アコーディオンブラインドメニューシリウスへ取り付け完了 詳細は外部カスタマイズメニューでご覧ください

    関連記事


     スポンサーリンク

    シリウス生成サイトを守る...

    よく言われるセキュリテイ対策用語....サイト、ブログの微弱性に対応した..
    とか?...サーバーの更新記事やメールで寄せられるメッセージ...

     

    はて?...微弱性とは...CMSのジャンル,,ワードプレスのようなサーバーに
    ソフトウェアおよび公開ファイルを入れ込むシステムが該当する

     

    ワードプレスなどはなんやかんやで外部から攻撃を受けやすい...

     

    ある程度の検索表示回数が多い場合、一日に1000回も攻撃を
    受けるとか?

     

    ...そんなことで常に微弱性を改め備えている...

     

    さてはて...なんかハードなこと言ってますが、それは外の世界のこと..
    シリウスには当てはまるのか?

     

    CMS関連は、サーバーにソフトウェアを入れ込んでいるため記事更新の際は
    管理画面(ダッシュボード)にID、パスワードでアクセスですね

     

    でも、ID、パスワードが外部に流失すれば、管理人以外でもアクセスできるので
    記事改正やリンク先書き換え..ウィルス装着もされてしまう...
    これがCMSの弱点...

     

     

    では、シリウスは如何でしょう?

     

    シリウスはパソコンに格納するソフトウェアから操作するので書き換えられる
    危険はない...でしょうか?

     

    確かにCMSと違う仕様なので微弱性を突かれるということはないでしょう..

     

    ですが、それはそれとして別な意味合いで危険性無とは言えません

     

    サーバー内のファイル書き換え?
    FTTPの入力データが外部に漏れれば...誰でもあなたのサーバーに入室できる

     

    ウィルスがパソコン内に侵入していれば...
    パソコン作業完了後...シャットダウンしていなければ...PC内を遠隔操作で..
    シリウスを操作...記事書き換えとかをされてしまう..

     

     

    SSL設定を施せば安心?

     

    いや、SSLは送信信号の暗号化なので、上記例はまた別の対策を...

     

    まずは、安全対策...

     

    危険要素は考えればその他いくつもございますが、不安を消し去るなら
    ウィルス検知、除外ソフトの導入

     

     

    自分で定期点検..
    Windowsなら既定のアプリを週に一度は確認する...
    ダウンロードなど以降...何かしらのおまけでウィルス系ソフトが入りこんでしまう
    例が良くございます...見つけたら排除..

     

     

    シリウス作業終了後は、必ず外部から手を出せないようシャットダウンでしょうね

     

    ま、たいした大ごと対策ではありませんが、生成したサイトを安全にと願うなら
    僅かの手間でも無視せずやることですね...

     

     

    記事提案理由..
    面倒ありきでパソコン電源入れたまま...いつもシリウスは開いたままの状態で
    ひと月ほど...

     

    ある日、突然のシリウスが何となくペースダウン(体調不良)みたいな..

     

    パソコンが不良か、それとも何かしらのウィルスが侵入したかで、半日ほど
    あれこれ対策を施して回復はしましたが..原因はウィルスだったようです。

     


    スポンサーリンク

     

    サイトの安全性、セキュリテイ
    シリウスパソコン操作での注意ごと
    シリウスカスタマイズトップ

    サイトの安全性、セキュリテイ関連解説
    サイト削除に気をつけましょう!
    シリウスの管理画面には サイトデータが項目として一覧掲載されていますが 誤って削除してしまうこともあります
    シリウスページのカテゴリ―やファイル名変更する際の注意事
    シリウスではカテゴリー名をローマ字 または日本語で記述できますが 以降コンテンツの変化が訪れた場合は注意しなければならないことがあります
    画像保存 ファイル名を付ける際の注意
    ウェブサイトは、コンテンツ事情により画像をたくさん掲載しなければお話が進まないという事もございますが、シリウス機能を使いファイル名を自動挿入する際には注意事がございます
    削除したページが残っている
    削除したページが残っていて サイト検索で表示されてしまう? サイトのファイル名を変更した場合や 操作画面でページをS駆除してもサーバーで削除しなければSEO的にマイナスです
    ページファイルを削除する際のご注意
    用済みページファイルを削除する際は うっかり必要なファイルまでを削除してしまうことがあります
    サーバーファイル うっかり削除
    シリウス操作画面からサーバーファイル見てみると 何だかわからんファイルがある 不要と削除してみたら さあ~大変
    サイト管理画面の操作は危険回避のため慎重に進めましょう
    シリウスサイトを起動する際表示されるサイトの管理画面ではサイトを運営する上での重要な操作をすることになりますのでミス操作に至ると大変危険な事態を招きます
    外部FTPも必要な理由(二つのベストFTP)
    シリウスではサイトのアップロード機能、FTPが付随しており便利ですが、後々のこと考えて外部機能も使えるようにしておきましょう..ffftp-1.98g.ext通常仕様とfilezillaハイパワー仕様のご案内
    wwwをドメインに追加、以降外部FTPでファイルがアップされない
    ドメインにwwwを追加後、外部FTPでファイルをアップロード、しかし、なぜかサーバー見てみるとファイルがない...事情説明
    サーバーにファイル混入を防ぐためアップロード慎重に進めましょう
    シリウス操作画面からサーバー画面を見てみると 見慣れないファイルがてんこ盛りとなっている?よく見るとパソコンに置くファイルが混入した模様?
    サイトファイルのバックアップについて
    カスタマイズテンプレートは必ずエクスポート保存の癖つけをする
    シリウス機能を使えば運営途中でもテンプレートの切り替えを簡単にできますが、カスタマイズを加えて以降は、保存なしで実行すると苦労が水の泡?....
    運営途中でドメイン変更の操作ミス
    シリウスサイトを運営以降、何かしらの事情でドメインを変更したいとする際のミステイク...初めからの作り直しをしてしまう...というお話
    リンクを多く設定してしまう危険性
    シリウスサイトの記事閲覧を高めるためページ、および外部にサイトに対しても多くのリンクを張る例がございますが、混錬を招く対応策

       広告

    .













    お勧め目 抜粋






















































    shop

    特典付き広告..ポチする
    【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」


    シリウスカスタマイズで気を付けること


    サイトにnorton|ノートンの安全評価を付ける


    カスタムに使える情報

    Webデザインで使えるWeb配色ツールまとめサイト