• MENU●●●●
  • カテゴリーコンテンツが増えたならサイトとして独立させる提案


    シリウスカスタマイズ アコーディオンブラインドメニューシリウスへ取り付け完了 詳細は外部カスタマイズメニューでご覧ください

    スポンサー広告

    関連記事


    カテゴリーコンテンツをイトとして独立させるとは?

    シリウス機能ではサイト自体のコンテンツページが増えてきたならサイト
    メニュー一覧で一階層のみを表示させ、下層は隠す、非表示とする事が
    設定できますね

     

    私の事情ですが、サイトが大きくなり、読者のメニュー探しが困難になる
    回避理由で、他サイトでは幾つもカテゴリーフォルダーをサブディレクトリの
    単独サイトに移行しておりますが、別段差し障る障害もない...
    よく言えば、後々のサイト構築を踏まえればよい方向ではないかと...

     

    大型サイトではよくある構築法...それをシリウスで実行する...
    でも、確固たる信憑性もない、私の環境理解ですので.......
    あくまで参考程度の記事と...理解してくださいね

     

    そこでの考え事...

     

    確かに読者はカテゴリーのメニューで求める情報をお探しになるでしょう
    しかし、見当たらない.....でも、エントリーにはあるかもしれないが、ページ
    巻末に関連記事として表記してあるなら探し出せるかも...

     

    でも、皆さんが必ず巻末まで進んでくれるでしょうか?
    サイトマップ?を利用するでしょう...誰もがすることでしょうか?

     

    そんな場合のて提案...カテゴリーを一つのサブディレクトリーサイトとして...
    独立させる

     

    カテゴリーページを一つのサイトとして独立させれば、サイトメニューは
    下層に置くエントリーページが一覧化するので認識度は増します
    ...でしょう

     

     

    でも、独立させたら検索エンジンのindexを失うのでは?ですね
    疑問も含め以下へ進んでください

     


     

    サブディレクトリーサイトは、新たなドメインを所得するわけでもない

     

    サーバーフォルダで見れば、単にカテゴリーフォルダーと同列に居並ぶので
    理解されるんですね

     

    カテゴリーフォルダ名はそのままで表示されるスタイルは一つのサイトとして
    理解してください

     

    例、当サイトのカテゴリーフォルダを一つのサイトとして表しています
    シリウスレスポンシブテンプレート専用のカスタマイズまとめ

     

    見た目は単独サイト..ですが、トップページですがカテゴリー順の配列でしょう
    URLは、http://www.affiliateno1.com/sirius.customize

     

    サーバーでのフォルダ位置は、分離前の位置と同じ

     

    お分かりいただけましたか?

     

    例え、独立させたとしてもメインサイトのフォルダが、見た目だけサイト化
    しただけの事なんですね

     

    ですので、カテゴリーがサイトのトップページ...
    階層に置くエントリーもファイル名をそのまま受け継いで記事を移行する

     

    そして、すべてのエントリーファイルは一階層に配置するとメニューが
    一望できる

     

    URLの並びは、独立前とおんなじで検索エンジンも以前同様でえ気が付かず、
    http://メインサイト/カテゴリフォルダ名/エントリーファイル名

     

     

    ...念のため..
    エントリーファイルは、コード末尾HTMLが追加されるので、カテゴリー
    ページへ移行すると記述が変わわります
    やや不安を感じられるなら、エントリーページで一階層に置いた方が
    よろしいかなと....

     


     

     

    難易なこと...

     

    ..と、簡単に言ってますけど難易な例もございます
    サブカテゴリーを使用し、その下にエントリーを置いていた場合ですね

     

    2階層とも一階層に移動するとフォルダ、ファイル名とも並び順が変わるので
    一時的に検索エンジンから類似サイト扱いされindexから消え去ります

     

    私例でいえば、上記例はよくあることで10日も経過すればどうにかなるだろう
    ..とindexから消えても全然気にしない...です

     

    しかし、皆さんにそれでよいでしょうとは言えませんので、もし実行する
    のでしたら自己判断としてください

     

     

    もう一つ
    上、上記例の当サイトのサブディレクトリサイト構成は、通常の構築と同様
    カテゴリー以下にエントリーを置くという2階層までにしていますが、
    それは私の好きにしていることで、みなさんにお勧めする構築法かどうかは
    不鮮明です

     

    できれば、一階層どまりがよいかと...

     

    当サイトのサーバーで見ればカテゴリーが一階層、エントリーが2階層...
    でも、サブディレクトリサイトで見れば、トップページがカテゴリーフォルダ
    ですので2階層...カテゴリーが3階層...エントリーが4階層の順位となりますね

     

    しかし、4階層...は深い、キーワード検索でやや弱い..
    と感じている感じている理由...もございます

     

    ですので、サブカテゴリーは入れ込みません
    なぜかというと、サブを入れ込むと5階層になり検索エンジンの巡回が正常に
    行われるかが不明なため...

     

     

    備考

     

    例えサブディレクトリサイトでも、キーワード検索で呼び出されるよう
    グーグルウェブマスターへの登録は追加しておきましょう

     

     

    フォルダ、ファイル名を日本語表記としている例は、以下巻末の関連記事に
    対応策は追記してございます

     


    スポンサーリンク

     

     

    カテゴリーコンテンツが増えたならサイトとして独立させる提案
    シリウス内にサブディレクトリを追加して幅広い範囲でサイト構築する
    シリウスカスタマイズ

    カテゴリーコンテンツが増えたならサイトとして独立させる提案関連解説
    サイトのサブディレクトリルート追加手順
    SIRIUS シリウスのサイトを置くサーバー内に関連コンテンツのフォルダー サブディレクトリールートを設定する方法
    サブディレクトリ.サブドメインを追加する理由
    大きなサイトであればサブディレクトリ.サブドメインで本体以下に関連のコンテンツサイトを追加する理由がございます
    大型サイトの隠れるメニュー弱点を複合サイトで解りやすく
    大型コンテンツ盛りだくさんサイトはページも多くメニューは下層へ隠すことになりますが、読者様は見えない情報を探すでしょうか
    フリースペースのサイトメニューは、サブサイトで構成する
    SIRIUS シリウスのサイドフリースペースメニューは本体のページではなくサブサイトへリンクする考え
    シリウスサイトのサブドメインでワードプレスを組み込む方法
    シリウスサイト以下に属するサブドメインでワールドプレスを組み込む、またはワードプレスサイトの下にサブディレクトリでシリウスを置く、各組み合わせの方法
    通常のサイトメニューでサブドメイン、ディレクトリサイトを通常表示
    シリウスの通常サイド位置で、サブドメイン、ディレクトリサイトを通常のページ同様にメニュー表示する
    デモ(demo)サイトはサブディレクトリで構成しましょう
    シリウスで何かしらのウェブ解説をするなら、デモ(demo)サイトはサブディレクトリで構成しましょう 面倒はありません 通常の新規サイト作成手順で行えますす
    日本語ファイル名でサイト分割する際の障害Punycode表記対処法
    シリウス内ファイル名を、日本語記載としてサイトを分離、子サイトとする際、categoryはサブディレクトリ名に昇格します。しかし日本語ファイル名では読み込み不能なのでPunycode表記に変換する..で対処します
    臨時サイトは、サブサイトがベスト
    メインサイトのコンテンツに連動し、一時的なランディングページや期日の限定される臨時サイトなどは サブで作るがベストかな~
    シリウスサブサイトにCMSを入れ込む?
    SIRIUS シリウス内サブサイト?ディレクトリですね、CMSを入れ込んで高レベルサイト群にしてみては如何?単なる提案事ですけど...

       広告

    .













    お勧め目 抜粋






















































    shop

    特典付き広告..ポチする
    【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」


    シリウスカスタマイズで気を付けること


    サイトにnorton|ノートンの安全評価を付ける


    カスタムに使える情報

    Webデザインで使えるWeb配色ツールまとめサイト