• MENU●●●●
  • タイトルtitleタグからメタディスクリプションまでの良い構成


    シリウスカスタマイズ アコーディオンブラインドメニューシリウスへ取り付け完了 詳細は外部カスタマイズメニューでご覧ください

    スポンサー広告

    関連記事


    サイトタイトルtitleタグ メタディスクリプションコンテンツの考え方

    シリウスのサイトタイトルやメタディスクリプションまでの構成は各ページの
    設定画面から容易に入力できますが 検索エンジンの目的に担う
    構成を敷く必要があります

     

    如何様に考えれば検索エンジンに好まれるSEO対策となるのかを
    まとめてみました

     

     

     

    スポンサーリンク

     

     

     

    基本的なタイトルタグとメタディスクリプション

     

    titleタグ

     

    シリウスの設定画面にあるサイト名ウィンドウ
    カテゴリーページならカテゴリー名 エントリーならエントリー名ですね

     

    設定画面 参照

     

    サイトのタイトルtitleタグは 検索キーワードで初期認識されるSEO効果で
    一番大事な部分となります

     

    タイトル  シリウスカスタマイズ情報でキーワード検索しました結果

    タイトルは
    SIRIUS シリウスカスタマイズ|オンラインマニュアルサイト

     

    検索エンジンは titleタグに含まれるテキストを検索キーワードに適合
    するかを瞬時に判断して検索結果の表示にもタイトルを太字で
    大きく表示し これがあなたの求めたキーワードでよと認識することが
    出来ます

     

    サイトのタイトルいかんで検索結果に大きく影響する訳で
    すなわち結果として検索項目に表示されます

     

    タイトル全文の表示コンテンツによりユーザがクリックをするかどうかの
    判断結果として クリックを誘発するかが問われる意味合いを
    持ちます

     

    しっかりした記事コンテンツも検索効果としては重要ですが
    大事なことはタイトルから記事コンテンツへの関連性を含めながら
    構成をまとめあげることです

     

     

    タイトルtitleタグの文字数

     

    タイトルtitleタグの検索覧で表示される文字数は 
    Googleが 32文字でYahooが 36文字となっていますがスペースや記号
    大文字 小文字により僅かのちがいは見られます

     

    Googleの 32文字に適合する文字数でタイトル表示のサイトもおおく
    見かけまが 意味もなく文字数を合わせることは避けてください
    必ず意味ある適合性を考えながら構成すること

     

    文字数をオーバーしてはいけないか?にも疑問はございますね

     

    僅かのオーバーで 表示できない部分は..と表示されますが
    検索エンジはタイトルとして読み込んでくれてはおります

     

    しかしながら適合文字数の範囲でコンテンツの伝達が理解できるよう
    まとめる構成がベストです

     

     

    meta keywords メタキーワード

     

    meta キーワードとは そのページ全体のコンテンツを象徴する
    意味合いを含んでいます

     

    しかし 過去の時代 検索キーワードとして最重要として扱われた
    meta キーワードですが 現在のGoogle検索エンジンでは評価せず
    無視 関連性として認めないと公表されていますが 規模の小さい
    検索エンジンでは多少の効果は期待あるようですので

     

    無いよりは 良いかも程度で入力しときましょう

     

    キーワードを 複数入力する際は 「,」(カンマ)で一つずつ
    区切ってください

     

    上記事情はあなたの自分サイトでも経験があると思います
    キーワード入れても 全然反映されていない....
    なんてことないですか?

     

    meta description メタディスクリプション

     

    サイト ページのコンテンツを説明する項目で 超強力なパワーを
    秘める箇所です

     

    Googleや Yahooの検索結果でタイトル下に表示されるテキスト項目
    キーワード検索コンテンツが当てはまる際は その箇所が太文字で
    表示され これが検索のキーワードだと確認できます

     

    また サイトコンテンツの程度よりますが サイトタイトルにキーワードが
    含まれずともメタディスクリプション内のキーワードで検索表示されることも
    あります

     

    キーワードがあることで表示を確認し 次にそのページを読むか
    別なページへ進むかが判断されるところで 記事構成をいかように
    遂行できるかでクリック率に影響します

     

     

    検索結果では上位表示されてはいるがクリック率が低い場合は
    求めるキーワードではあるが ディスクリプションの意味合いが
    求められていない構成

     

    順位が低くともクリック率が高い場合は その真逆と言えましょう

     

    ここでは キーワードに関連性を含めて読者が興味を持ち抱くような
    説明文で構成するようにしましょう

     

    表示される文字数は 120文字程度の範囲に収めましょう

     

     

    文字数不足の場合は....となります

     

    過剰の場合は 記事が尻切れとなります

     

    項目内に関連するキーワードを複数置いた際は 検索出現を
    組み合わせで多くすることも可能です

     

    ここで検索エンジンの判断にゆだねる形となりますが
    シリウスのサイトメタ説明文にディスクリプションを書き入れたとしても
    検索一覧でサイトメタ説明文にディスクリプションでの項目が
    必ず表示されるわけではないということがあります

     

    例え念入りに説明文を構成していても ここではなく記事本体に
    適合するキーワードが記載があれば そちらが表示されるとなるのです

     

    当サイトの場合 そんなページたくさんございます

     

    どれほどディスクリプションを遂行してもページの記事を優先される場合も
    多くあり

     

    そのような結果になる場合は 記事内コンテンツのほうが良い適合レベル
    であると判断してもよいのですが出来る限りはディスクリプションよりの
    コンテンツからの流れで読み込まれるよう努力しましょう

     

     

    ディスクリプションと同じ記事をページ内に置かない

     

    ディスクリプション記事とページ内記事が同じ場合

     

    2重コンテンツと判断されますので避けましょう

     

     

    また 同サイト内でも類似ディスクリプション記事は不適格コンテンツと
    判断されますので置かないでください

     

    ディスクリプションからページ内記事への関連性

     

    読者はディスクリプション記事に興味を抱いた際 つぎにクリックして
    ページ内記事へ進むわけですが 自分の場合なら次の記事に何を
    求めるかを考えましょう

     

    ページ異動後 ディスクリプション記事を違いはあれど再度読むような
    構成ではいけませんとなるのですね

     

    ディスクリプション記事からの続編であるような構成を心掛けましょう

     

     

    ここでの注意ごとは ページとは検索画面から到達するとは限らない

     

    同サイト内から移動もあるので ディスクリプション記事の前置きが
    なくともコンテンツが理解できる記事のスタート構成をすることです

     

     

     

    どうにも別な構成が出来ず 似た記事になる場合は
    ディスクリプション記載せずという判断もあります

     

    記載せずでも記事内から説明文は読み込まれます

     

    一番良い関連性まとめ
    メタディスクリプションコンテンツ記事から移動した場合の
    次はページの上部記事で この位置にコンテンツの流れが
    適合するようにしましょう

     

    ページ設定画面でメタディスクリプションを記載せず ページ上部に
    コンテンツの意味合いを置くことでもしっかりとまとめあげてあれば
    充分に検索エンジンから評価されます

     

    メタディスクリプションのメタディスクリプションコンテンツコンテンツは
    避ける

     

    もし自分サイトにメタディスクリプションコンテンツの重複があるなら
    早めに記事の切り替えを行いましょう

     

     

    タイトルtitleタグからメタディスクリプションまでの良い構成
    シリウスSEO情報
    シリウスカスタマイズトップ

    タイトルtitleタグからメタディスクリプションまでの良い構成関連解説
    外部自サイトへリンクする際の提案
    記事ネタどこにある?
    記事を書きたいが、何を書いていいやらわからない? はて、記事ネタとはどこにあるのか?参照
    放置サイトも大事?
    コンテンツ不足で途中どまりか、アクセスなしで更新意欲も失せた放置しているサイトは、捨てますか?でも、せっかく作ったサイト...無駄にしない提案
    ブログ..素敵な記事
    記事上部に画像やリンクを配置しないコンテンツの流れ
    ウェブ初心者にありがちなミス 記事の上部位置に画像やリンクを配置することは検索エンジンの適正コンテンツ指標から外れます
    記事コンテンツを盗用した不正サイトはgoogleへ通報する対策
    オリジナルで遂行した大事な記事コンテンツを盗用されてしまったらた自分サイトへマイナスの影響が及ぶこともあります 盗用サイトはgoogleへ不正を通報する対策をとりましょう
    検索エンジンに無視されるサイトコンテンツ
    シリウスのMTMLテンプレート構成は グーグルを含む検索エンジンに良い評価を得る構築とされてはおりますが 検索エンジンに無視される事情もあります
    検索のトップ表示を正確に確認する
    自分で作っているサイトが上位にランクされていれば うれしいものですね! しかし クリック率が低いというなら ある事情が作用している可能性がありますが実際の順位を知ることで なぜかが?ご理解いただけます
    サイトにnorton|ノートンの安全評価を付ける
    グーグル検索で表示されるサイト一覧で自分のサイトが勝手にノートンに評価されています 安全評価ならよいのですが未評価では読者があなたのサイトを危険と判断して避けてしまうことも
    シリウスでアフィリサイト量産?|シリウスコンテンツカスタマイズ
    シリウスでアフィリサイトを量産すればSEO対策として有効性が確認出来るのでしょうか? という質問が多く寄せられますが?  さて
    サイト量産 同コンテンツサイトを作ってしまう危険
    シリウスで際とを複数作る際 慣れないうちはタイトル違いでもページ内に同コンテンツを気が付かず配してしまうことがあります 今のグーグル評価は共倒れ
    後の記事見直し、検証はお忘れなく
    記事の記載後、その時点では間違いない記事構成と視覚判断しても後に確認するとあちこちに間違いがあることに気が付きます。再度の記事見直しや検証はお忘れなく...が、サイト運営には大事なこと...
    サイトマップを独自に作ろう
    サイトのコンテンツページが増えてきたら メニューも多くなり読者が情報を探しにくくなります そんな場合は情報への到達を容易にするため独自にサイトマップ作リましょう
    オールドドメインはSEOに有利なのか?
    オールドドメインは愛と検索の際 SEOに有利なのか?というお問い合わせが多くございます 管理人の経験上でのドメイン理論
    ヘッダー画像をコンテンツに適合させる
    ヘッダー画像をコンテンツ別に合わせる 適合させるという事情もございます~なんで?グーグルさん指標だそうで デモいい画像サイトに取り付けたい! ならばヘッダーに入れましょう
    ブログのノリで記事を書く
    シリウスでサイト作ってアフィリエイト しかしコンテンツがいまいち 解説書いてると他人様のサイトコンテンツと同じになってしまう? それならブログのノリで進めよう
    被リンクツールは使うべき?シリウスのSEO対策は有効?
    シリウスサイトに被リンクツールを使うことは有効な手段か? シリウスのSEO対策機能は有効に使えるものなのか?
    不思議な広告バナー|信頼に欠ける提携企業
    アフィリエイト広告バナーは通常商品販売ページに移動するものですね。しかし、夜中になると移動先が勝手に変わる実例もあります..そんな信頼に欠ける提携企業は避けるべき...
    偽サイト発見 偽の関連サイトを作られてしまう危険性
    偽サイト発見 当サイト関連の内容を含むサイトが作られてしまいました 危険性がございますので フリーメニューでもクリックせぬよう願います
    記事のネタ探し コンテンツかな?
    シリウスサイトでのアフィリエイト記事のネタ探しは  迷いますね これがいいと判断してもネットで険悪擦ればライバルがいっぱい! そんなジャンルで勝ち抜くには
    シリウスサイにURLにwww.を追加するカスタマイズ
    シリウスのサイトドメインのURLにwww.を追加するカスタマイズの手順と評価の意味合い
    ロングテールSEO効果
    シリウスサイトでロングテールSEOとは?トップページを検索で上位ランクインさせることに集中しないで 下層のページへも充分な検索効果要素を含ませる サイト運営方法です
    アイキャッチ画像パワーで記事へ誘導
    ブログでは多く見られるアイキャッチ画像ですが シリウスへ導入する際は 単にイメージとしてだけではなく 読者を記事内へ誘導する アクセスへのパワーを含ませましょう
    類似する関連キーワード検出ツール
    サイトのキーワードを考えるとき、どんなサイトが検索されるのかを事前に知ることができる検出ツール
    ライバルとなるサイトを事前に調べるリサーチツール
    シリウスで新しいサイトを作るとき、ライバルサイトの内容を事前にリサーチできれば自分のコンテンツはどうすればよいのか、の方向性が進路付けできるかと思います
    サイトドメインを変更した場合の対処法(私事の経験談)
    サイトを運営以降、ドメインがコンテンツに合わないなど、何かしらの事情で変更したいと願うことがございますね、しかし、URLが変われば今までの検索エンジンからの評価を失うことに....
    meta(メタタグ)の所得とHTMLに追加する手順
    シリウスサイトを作り始めたら、サイト内容の適正化を指示してもらう、また存在をアピールするためにグーグルよりクローラー巡回をしてもらいましょう
    日本語ドメイン、日本語ファイル名は有効なSEO手段か?
    シリウスでは日本語ドメインは当然使えるとして、日本語でのファイル名(カテゴリー、エントリー)が各ページで使える仕様となっていますが有効なSEOの手段でしょうか?
    サイトに長く滞在していただくための動画配置
    サイトのコンテンツ(趣旨)がずれてきたら
    シリウスサイトをせっせとページを追加し、記事を更新し、成長させていくことは大事なことでしょう。でも、気付かずに趣旨のずれを生じさせてしまうこともあるのです。SEO的には検索エンジンのマイナス評価に.....
    サイトのアイキャッチ画像の選び方
    シリウスサイトで視覚効果でイメージを高めるアイキャッチ画像の選び方参考記事
    キーワードのネタ探し...どうすりゃいいの?
    キーワードのネタを探す..其の後の記事は何を書くですが、はてさてどうしたもんかと、考えるなら
    検索エンジンも含むリサーチ効果対策
    シリウスサイトを公開したならリサーチで読み込まれるよう検索エンジン対策も含めてSEO対策を施しましょう
    NAVERの構築を参考にする
    シリウスサイトで可能なサイトの検索ランク上位進出可能戦略?と推測できる構築法...それはNAVERまとめサイトの構築を参考にすること...
    アフィリエイトで稼げない....ジャンルを変える選択も?
    シリウスは、アフィリエイトに適したサイト作成ソフト との広報でしたか?でも、期待に願わずの状況の方も多くおられるでしょうね。なら。ジャンルを変えてみるのも一つの選択....
    はてなブログ、ブックマークとシリウスを結び付け訪問者増大?
    キーワード検出に強いとされるはてなサービスと連捷することでシリウスサイトへの読者流入が加速する...その手だてとは..?
    SSL設定とは? 無料でも設定できる不可欠なSEO効果?その1
    通常のドメインは、httpから始まるが、サイトの安全性に疑問アリと読者に明示される今のグーグル指標を回避する、安全なサイトですよと推奨する不可欠なSEO効果?無料機能でも十分なのでさっそく設定しましょう。
    シリウス専用常設SSL化詳細設定、各種障害の対処解説 その2
    シリウスサイトのSSL化はサーバーで容易に設定できたかと理解しますが、運営中であれば正常に反映されない例は多くございます。でも、事情を知ればさほど対処に難易はございません。
    ブログのホームをシリウスで作るには?
    シリウスのブログ設定でワードプレスやブロガーのようなhome(ページ)を作るには?

       広告

    .













    お勧め目 抜粋






















































    shop

    特典付き広告..ポチする
    【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」


    シリウスカスタマイズで気を付けること


    サイトにnorton|ノートンの安全評価を付ける


    カスタムに使える情報

    Webデザインで使えるWeb配色ツールまとめサイト