• MENU●●●●
  • display:noneとtransparentの違い


    シリウスカスタマイズ アコーディオンブラインドメニューシリウスへ取り付け完了 詳細は外部カスタマイズメニューでご覧ください

    スポンサー広告

    関連記事


    表示を消し去るか、隠すの違い

    ウェブサイト上で表示される記事や画像は、HTML上に記述を置いて、
    CSS指定でサイズや位置が指示されサイト上に現れます

     

    さらに言えば、見出しとか、borderなどのHTML関連の表示されるものを
    指して事情により非表示とする場合は、HTML記述そのものを削除すれば、
    存在そのものが消え去ります

     

    しかし、再度使うかもしれないなどとする場合、見えなくする(隠す)ということも

     

    削除したためにどこかが、レイアウトを含めてずれが出るなどの場合、
    CSS記述で表示をしない、
    もしくはHTML表示記述はそのままにして存在そのものを透明化する
    という手段を用いることができます

     


     

    非表示を指示する記述コード

     

    display:none
    表示しないの指示が一般的な理解で、指定した場合そのものが存在しないと
    判断される

     

    使用する項目は、表示をする記述コード display: block;をdisplay:noneに
    書き換える

     

    display: blockで表示を指示していない箇所で表示されている場合も
    ありますが、その場合は、HTMLに表示物が置いてあるので、記載なしでも
    サイズ指定などしている項目内に追加します

     

     

     

     

    透明化を指示する記述コード

     

    transparent
    表示を消す、存在はするものの姿を見ない、透明にしてしまうですね
    構築上、その隙間を残しておきたいなどと思われるならこちらが
    適合します

     

    こちらの透明化記述は、HTML内でも反映されます

     

    例 フォント
    ウェブ記事......という文字が見えますね

     

     

    こちらでは.......
    カラーコードを transparent に書き換えると透明化するので認識できなく
    なります
    (ソースでは記述が確認できます)

     

    ウェブ記事......という文字が見えませんね

     

     

    結果、見た目は同じでも、中身が違うとご判断願います

     

     

    display:noneとtransparentの違い
    CSS記述まとめ置き
    トップページ

       広告

    .













    お勧め目 抜粋






















































    shop

    特典付き広告..ポチする
    【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」


    シリウスカスタマイズで気を付けること


    サイトにnorton|ノートンの安全評価を付ける


    カスタムに使える情報

    Webデザインで使えるWeb配色ツールまとめサイト